決まったパターン

基本的に、日々の行動には決まったパターンがあるんです。

しかしながら、浮気をしている人は、その習慣が変わってしまいますよね。

時間帯や曜日に注目し、

パターンが崩れたところを決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の裏付けがしやすくなります。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内わけは2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。

浮気調査をおこなう期間が短ければ支払いも安くすみます。

慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。

経験豊富な探偵に依頼したら、ほしい浮気の証拠がつかめます。

自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

でも、パートナーを問い詰めても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するべきです。

相談者が女性の場合、近所の奥さんやお友達に相談してしまう人も結構多いですが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。

同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度ミスないと思われます。

その後、その電話番号のもち主を見つけ出せばいいのです。

ただパートナーの方が機転が効く人物となるでしょうと、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなくおこなうといったような事もあります。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

探偵に浮気調査を頼んだとしたら、金額はいくらほどかかるでしょう?
探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

たとえば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。

車買取・中古車査定 – 最大30社の見積もりを比較

コメントは受け付けていません。

お気に入り