判決で伝統の畳が消えつつあるだって?

今はフローリングの時代と言う事で、昔ながらの伝統的な畳がこの世から危機に瀕しているらしい。

その背景には、マンションやアパートと言ったフローリング主体の住環境が多く、和室はあるものの昔ながらの畳ではありません。
今現在の多くは、わらの間に発泡スチロールを挟んだものが大半だと言う事です。
つまり、畳の匂いが臭いと感じる人が増えてきたのが畳が無くなりそうになってきている一番の原因の様に思う。
とは言え、そればかりか昔ながらの伝統的な畳を作る職人の後継者がいない事も原因の一つです。
昔は沢山あった畳のお店は皆店じまいをしてしまい、年をとって亡くなって廃業に追い込まれた所も多いと聞く。
と言う事で、現在畳の良さを人々に分かって貰おうと言う動きがあります。
とにかく、畳を活用する良い方法はないかとアイディアを募集している様ですよ。
また、そのアイディアの中に車の中に畳を敷いてみるのはどうだろうかと言うのがあった。
けれど、それは残念ながら現実のものとならなかった。
そもそも、畳本来の良さを日本人が忘れている事が畳消失の危機に陥っているのだから、畳の良さを日本人に思い起こさせる事が先だと私は感じます。
ただ、畳自体の部屋は減っているけれど、フローリングの上に簡単に敷ける様な畳や棺に敷く畳は好まれていると言う話を聞く。
確かに日本人の畳離れは酷くなる一方で、完全に畳のない生活を営む事が出来ないと言う現われの様にも思える。
つまり、日本人としての本能が畳を拒絶する事を拒んでいるかの様だ。
後は、やはり畳を作る職人の後継者問題も何とかしないと、本当に日本から畳が消滅してしまうかもしれないと私は危惧しています。
米子探偵

コメントは受け付けていません。

お気に入り